Sublime Text起動中に「LocalBridge.exe - 正しくないイメージ」というエラーが発生する場合の対処法

TL; DR

Officeというアプリを消しましょう。
うまくいく場合があります。

Skypeが入っている場合も、消せる場合は消しましょう。

はじめに

Sublime Textを起動中、突如謎のエラーダイアログが出てくる場合があります。

LocalBridge.exe - 正しくないエラー  

X:¥Users¥USER_NAME¥AppData¥Roaming¥Sublime Text 3¥Packages¥IMESupport¥imesupport_hook_x64.dll は Windows 上では実行できないか、エラーを含んでいます。  
元のインストール メディアを使用して再インストールするか、システム管理者またはソフトウェアの製造元に問い合わせてください。  
エラー状態 0xc000012f。  

このエラーダイアログ、Sublime Text起動直後は特に発生しませんが、数分起動し続けていると出てきます。
しかも、Sublime Textが起動中は、エラーダイアログを消しても消しても邪魔してきます。
Sublime Textを消した後、数回エラーダイアログを消し続けることで、ようやく消えます。

これを完全に消す方法を探ります。

原因

どうやら、 IME Support プラグインが原因のようです。

https://github.com/chikatoike/IMESupport/issues/27

IME Supportプラグインでは、 imesupport_hook_x64.dll というライブラリを利用しています。
このライブラリの実態を、実はOfficeアプリ(後述)でも利用してしまっており、OfficeアプリとSublime Textの両方で同じライブラリを掴もうとする際に、エラーダイアログが出現してしまいます。

1-1/3+1/5-1/7+1/9-・・・:Sublime Text3の設定メモ - livedoor Blog(ブログ)

解決方法(暫定)

Officeアプリをアンインストールすることで、解決できます。

Officeアプリというのは、いわゆるWordやExcelといったMicrosoft Officeの1アプリではなく、特に必要ない「新しい Office を始めよう」または「My Office」というような名前の、Office製品自体を管理するアプリのようです。

このアプリをアンインストールしても、他のExcelやWordといったMicrosoft Officeのアプリは消えないので、問題ありません。

おわりに

Sublime Textを使う人は、ほとんどがIMESupportを入れていると思うのですが、ほとんどエラー対処法が見つからなくて困りました。
これで、少しでもエラーダイアログのイライラが解消できたら幸いです。

実は

また表示されました。
今度は SmartAudio3.exe になってます。

Officeアプリ消したけど、他にも掴んでいるんでしょうか?
続報を待て!